公務員に資格は有用か?

今日は久々に職場で資格の話をしました。

職場の若手職員が第二種電気工事士の受験を考えているとのこと。
現時点で考えているということなので、下期試験での受験となります。

以前も何度か書いたことがあるかと思いますが、技術系公務員は資格を目指す派と目指さない派に真っ二つに分かれます。
目指す派は毎年いろんな資格試験に挑戦し、目指さない派は試験は一切受けません。
前者が仕事ができるかというと必ずしもそうではなく、どちらのタイプでもできる人とできない人が存在します。

私はもちろん『資格を目指す派』になりますが、このような職員が増えるのは嬉しいことです。
電気工事士は筆記試験はそこまで難しくはないですが、技能試験は練習なしに合格することは不可能です。
特に独学に向いていない試験になるかと思います。
後輩の合格のため、私の経験を少しでも伝えたいところです。

最近は『資格を取って職場で活用できているか?』という質問があったら、はっきりと『活用できていない』と答えています。
今は資格試験合格のための過程が最も重要と考えています。
そして、私の持っている資格の価値を高めるには、私自身の活躍というのが最も重要だと考えています。
そのためにも日々の仕事にしっかりと向き合っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です