今後の勉強計画~電験一種と行政書士試験の合格を目指して

最近は通勤電車の中ではひたすら読書をする時間が続いていますが、そろそろ本腰を入れて勉強をしていきたいと思います。
毎回試験の1~2か月前にようやくエンジンがかかって、毎回のように時間が足りず不合格になっています。
言うまでもなく、早く勉強を開始することで解決される部分がありますので、今回は早めにスタートさせたいと思います。

まず、2018年の資格試験受験予定です。

9月1日(土) 電験一種一次試験
11月11日(日) 行政書士試験
11月18日(日) 電験一種二次試験

これに自治体法務検定(9/30)が入る可能性があります。
電験一種二次試験はもちろん一次試験をクリアすればということになりますが、当然ながら受験を想定して勉強していきたいと思います。
電験一種も行政書士試験も非常に重い試験ですが、両方の合格を目指して頑張りたいと思います。

今後は以下の本のローテーションを考えています。

(1) 電験一種 一次試験の完全研究(新井信夫)

(2) 電験一種 二次試験の完全研究(新井信夫)

(3) 2018年度行政書士基本テキスト(早稲田経営出版)

(4) 図書館で借りた本

まずは(1)になりますね。
そして、その次に重点を置きたいのが(3)です。
たまに息抜きで(4)というのが大まかな予定です。

読み方としては、今年読んだ『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』を参考にして読んでいきたいと思います。
(1)(2)は7回読みが有効か怪しいところですが、(3)については効果が見込めるのではと思います。

とにもかくにもまずは動きたいと思います。
電気の最高峰試験と行政のスペシャリスト試験、どちらも高い山になりますが、全力で頑張りたいと思います。

今後の勉強計画~電験一種と行政書士試験の合格を目指して」への2件のフィードバック

  1. すばらしいご判断、ご英断ですね。
    両立は大変かもしれませんが、きっとできると思います。
    是非目標達成し、新しい知見・フィールドを切り拓いてください。
    陰ながらですが、応援しています。

    • どうもありがとうございます。
      『二兎追うもの一兎も得ず』というようにならないよう頑張りたいと思います。
      不合格だったとしても、知識として前進できるようにしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です