電気工事士技能試験の工具を格安で揃える!

第二種電気工事士筆記試験が終わり、自己採点で合格だった方は、すでに技能試験の練習に取り組んでいる方もいることと思います。
技能試験は文字通り技能のみの試験となります。
また、試験のための工具が必須となります。

この工具ですが、工業高校の方、専門学校の方、電気工事業の方などはすでに自分の工具を持っている、もしくは学校(職場)の工具を借りるのではないかと思います。
独学の方はここが一番ネックになるところかと思います。
自分で試験のための工具を揃える必要があるためです。
工具は意外と高いですからね。

そんな方のために、少しでも安く工具をそろえる方法を探してみました。
実は100均で意外と揃います。
以下に100均で揃えられるものと揃えられないものに分けてみました。

【100均で揃えられるもの】
・ペンチ →216円
・ウォーターポンププライヤー →108円
・+ドライバー →108円
・-ドライバー →108円

【100均で揃えられないもの】
・電工ナイフ
・圧着ペンチ
・VVFストリッパ

100均はダイソーで見てみました。
これで合計540円です。

電工ナイフはカッターナイフでも代用できるかもしれませんが、さすがに施工性が悪いと思うので、きちんとしたものを買う方がいいでしょう。
圧着ペンチについてはさすがに買わざるを得ません。
VVFストリッパはなくても施工可能ですが、あると施工性が全然違うので、少々値は張りますが買うべきかと思います。特に初心者ほど買うべき工具かと思います。

100均で揃えられないものについては、Amazonで見ると以下のような工具があります。

VVFストリッパを除くと約5,500円、VVFストリッパ込みで約8,500円になります。
何だかんだ言ってもそれなりの額にはなりますが、工具セットを買うよりかはいくらかは安くなります。

気を付けなければならないのは、これに材料費も必要ということです。
何回練習するかで費用は異なりますが、これも独学受験者にはツラいところです。
出費は最小限に抑えたいところですが、あまりにケチりすぎて不合格にならないよう気を付けたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です