消防設備士乙種6類試験合格体験記

過去にアメブロに書いた記事の再掲です。
消防設備士乙種6類試験の合格体験記です。

■合格年度

平成23年度

■受験回数

1回

■試験結果

【筆記試験】
法令 90%
基礎知識 60%
構造・機能 73%
(筆記全体 76%)

【実技試験】
76%

■使用した参考書

■体験記

消防設備士試験の中では試験範囲がそう広くはなく、取り組みやすい部類になるかと思います。
危険物取扱者試験の内容とかぶる部分がありますので、危険物取扱者試験を受験したことのある方ならいくらか入りやすい試験かと思います。
消火器の設置基準は他の消防設備より厳しく、消防設備士の中では需要度が高い類になるでしょう。

この試験については私は特別な対策を行ったというわけではなく、参考書を読んで問題集を解くというスタイルで十分対応できました。
参考書は(1)を選びました。
この参考書は消防設備士試験の中でもっとも読みやすいシリーズであると考えています。
このシリーズでは他に4類と7類が出版されていて、私も7類の試験ではこのシリーズを使用しました(4類受験時にはまだ出版されていませんでした)。
早く他の類についても出版されてほしいと願うばかりです。
問題演習は(2)の問題集を使用しました。
模擬試験が掲載されているオーソドックスな問題集ですが、内容に偏りがなくこれだけでも十分対応できます。
この2冊について約2か月間取り組みましたが、これで合格ラインには十分到達できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です