もうすぐ中小企業診断士試験があります。

先日のテック青木さんのメルマガで気付いたのですが、8月4日(土)及び5日(日)は中小企業診断士一次試験があります。

この試験は10年以上前に、受験しようかと考えたことがあります。
色々調べていくと科目数が非常に多く、レベル的にもかなり難しい試験ということがわかり、実際には受けることはありませんでした。

中小企業診断士は、技術士と合わせて持つことで特に大きな効果を発揮できる資格ではないかと思います。
クライアントに対し、技術面だけでなく経営面からもサポートができるわけです。
技術面と経営面を分けるのではなく、両方知っている人間だからこそできる支援というのがあるのではと思います。
参考まで、テック青木さんは技術士と中小企業診断士、両方の資格を持っています。
(さらには、行政書士や知的資産経営認定士も持っている凄い方です。)

ちなみに、情報工学部門の技術士であれば、経営情報システムの科目を免除することが可能です。
この科目は技術士でなくとも、ソフトウェア開発技術者の資格でも免除可能なので、こちらを取ってから挑戦してもいいのかもしれません。

技術士事務所として独立を考えている方にとっては、中小企業診断士は非常に価値のある資格になるのではと思います。
私はまだ受ける気にはなりませんが、興味のある資格には間違いないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です