電気技術者試験センターの災害等対応

先週のことになりますが、電気技術者試験センターが実施する電気主任技術者試験と第二種電気工事士試験の災害等への対応について、プレス発表がありました。

●平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用地域に居住する平成30年度電気主任技術者試験受験者の方へ(2018.8.8)
●平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用地域に居住する平成30年度第二種電気工事士上期技能試験を受験できなかった方に対する代替措置について(2018.8.8)
●JR中央本線人身事故により平成30年度第二種電気工事士上期技能試験を受験できなかった方に対する代替措置について(2018.8.8)

正直、被災された方にとっては、資格試験どころではないかもしれませんが、少しでも措置があることはいいことだと思います。
電気技術者試験センターの業務は増えることになるでしょうが、このような対応は続けていただきたいと思います。
電車の遅延でもこのような措置があるのはありがたいことですね。
中京圏で中央線の代替となる交通を探すのは難しいということなのでしょう。

内容としては、いずれも振替措置や科目合格の有効期間延長などになります。
参考まで、過去には2004年の新潟県中越地震のとき、電験一種及び二種二次試験を再度行ったことがありました。
これは電気技術者試験センターにとっては相当な労力だったことと思います。

少しでも受験者に対して平等な環境をつくっていただいている運営者には感謝の一言に尽きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です