【読了記録】日経ビジネスアソシエ2018年8月号~あの会社のすごい働き方

先日読んだ本の記録です。

日経ビジネスアソシエ 2018年 8 月号
日経ビジネスアソシエ
日経BP社

2018年9月号で休刊となる日経ビジネスアソシエです。
今号で特に気になったのはタイトルにもある働き方と、付録の快眠についてです。
この2つのテーマについて書いてみたいと思います。

まずは、働き方改革。
個人的には働き方改革は窮屈なものと感じています。
現在は私は残業がなかなかできなくなり、どうしてもしなければならない仕事以外は次の日以降にするよう言われています。
夜遅くまで必死で考えて取り組むということが今はできない状態です。
(この方法が決して効率が良くないというのもわかりますが。)

今号の特集では、働き方改革に取り組んでいる企業の紹介がありますが、いずれも組織の中の制度改革でした。
参考にはなりますが、制度改革となると私一人では変えることはできません。
そのような中でも、『話し合いで決まったことをその場で記録する』『情報をクラウドで共有し見える化』というのは、私でも活用できる方法と思いました。
やはり、今回の特集を読んでいても、自分の中で合点がいく働き方改革というのが見えてきません。
これについてはもう少しいろんな本を読んでみたいと思います。

2つ目に夏の快眠について。
今までも快眠についての本をいくつか読んでいますが、今回の要点をまとめると以下のようになります。

・就寝前はエアコンで部屋を冷やす(タイマーは3時間)。
・寝具を夏用に変える。
・湯船に浸かり体を温める。
・就寝前にしっかり水分補給する。
・就寝2時間前のPCやテレビは控える。
・休日も起床時刻は平日に合わせる。

そして、睡眠について記録することが有効とのことです。
記録の方法としては、手帳、アプリ、スマートウォッチなどがあります。
今は私は手帳に就寝時刻と起床時刻を書いていますが、これをもっと睡眠の質に活用したいところです。
これについてはまた別途まとめて書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です