平成30年度電験一種一次試験自己採点

本日、電気技術者試験センターより、先日の電気主任技術者試験の解答が公表されました。
私は電験一種一次試験の理論と電力を受けましたが、早速自己採点をしてみました。
以下のような結果になりました。

【理論】56/80
【電力】43/80

理論は合格、電力は不合格となりそうです。
電力は何となくは理解しているつもりでしたが、正確な知識が身に付いていないのが露呈された形となりました。
もっとも電気技術者らしい知識が求められる電力科目でこの成績ですので、まだまだ電気技術者として未熟ということでしょう。
自分では得意科目だと考えていた電力科目ですが、想定以上に苦労しています。

来年度電力のみ再挑戦となりそうですが、いいように解釈すると、これはある意味望ましい形かもしれません。
(ベストは4科目一発合格でしょうが。。。)
来年は9月までは電力と二次試験を並行して勉強し、9月からは二次試験に集中させます。
電力の内容は二次試験(特に論述問題)と被る部分が多いので、連動して勉強できるのではと思います。

悔いはありますが、最悪の結果を免れただけでも良かったということにします。
次は11月11日(日)の行政書士試験。
あと2か月必死で頑張ります。

平成30年度電験一種一次試験自己採点」への2件のフィードバック

  1. 試験お疲れ様でした。
    私も1種1次試験を理論のみですが、受検して参りました。
    1科目に集中でき、最後の追い込みのおかげもあって、
    満点合格(80/80)という結果を得られました。
    (過去問10年分を2周。
     マインドマップもどきの作成で出題範囲・重要ポイントの
     体系化[頭の整理に役立ちました]。)

    エクレアさんと同じタイミングで2次試験を受けたかったですが、
    1年お先に挑戦させて頂きます。

    行政書士と試験時期は近いので、
    モチベーションキープでまたブログを拝見させて頂きます。

    お互い、引き続き頑張りましょう。

    • コメントありがとうございます。
      そして自己採点での合格ライン到達おめでとうございます。
      理論満点は凄いの一言に尽きます!

      私は電力が残ってしまったので、来年度再挑戦し、新元号最初の電験一種合格を目指します。
      まずは行政書士試験に向けて頑張ります。
      お互い頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です