電験当日における電気書院からの配布物

先日の電験一種一次試験で、あるものをいただきました。
電気書院の合格消しゴムです。

電気書院はほぼ毎回何かを配布しているように思います。
過去には最終公式チェック表や工事と受験のサンプルをもらったことがあります。
(工事と受験は休刊になりましたが。)

今回の配布物のメインはこちらですね。

今回の配布物に書かれている電気計算9月号ですが、特徴は解説と講評が詳細に書かれているところです。
出版までほとんど時間がない中での執筆だと思いますが、毎年中身のレベルの高さに驚かされます。
ちなみに、解説があるのは二種と三種だけです。
一種はあまり需要がないからか、次の号になります。

ただ、今年はTACが当日の夜に詳細な講評をインターネット上に掲載しました。
解説の早さは電気書院の得意とするところですが、ここにTACが割って入ってきたということになるでしょうか。
TACの電験参入はやはり影響がいろいろと大きそうですね。
1年後の今ごろは、電験業界の勢力図が大きく変わっているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です