【読了記録】学びを結果に変えるアウトプット大全

先日読んだ本の記録です。

樺沢紫苑さんの新刊です。
樺沢さんの著書は、出たら全て読むようにしています。

今回の本ですが、樺沢さんの集大成とも言うべき本ではないでしょうか。
いままでの本でも何度も取り上げられたアウトプットについて、さらに詳細が解説されています。
『インプットだけではなく、アウトプットにより初めて記憶は定着する』というのが樺沢さんの考えです。
この本はそんな樺沢さんの考えを掘り下げた本と言えるでしょう。
私なりに重要と感じた部分を書き出してみます。

・覚えるには声に出したり書いたりするなど、体で覚えると忘れづらい。
・アウトプットの6つのメリットは、(1)記憶に残る、(2)行動が変わる、(3)現実が変わる、(4)自己成長する、(5)楽しい、(6)圧倒的な結果が出る。
・ポジティブな言葉を出すだけで幸せになれる。
挨拶は『あなたを認めています』のサイン。
・『質問する』のはもっとも簡単なアウトプット。自分自身に質問することは、脳を圧倒的に活性化させる。
・『本当にやりたいこと』を優先するために、断る勇気を持つ。
・相手に自分の本心を打ち明けることで、絆は深まる。
『ありがとう』は全てがうまくいく魔法の言葉。
書けば書くほど脳は活性化する。
・上手な文章を書くには、たくさん読んで書く。
・朝にToDoリストを書くことで、『1日の仕事の設計図』ができる。ToDoリストはアプリで入力するのではなく、必ず手で書く。
・アイデアを逃したくなければ、30秒以内に『気付き』をメモする。
・思考の軌跡を1冊のノートにまとめる。
『暗記3』『問題集7』が勉強の黄金比。
・アウトプットして自己成長するためには、7時間以上の睡眠が必須。
・1回1時間程度の有酸素運動を週2回以上行うことで、脳は活性化される。
・アウトプット力を高める7つのトレーニング方法とは、(1)日記を書く、(2)健康について記録する、(3)読書感想を書く、(4)情報発信する、(5)SNSに書く、(6)ブログを書く、(7)趣味について書く。

どれも重要な内容ばかりです。
これらはほとんど今までの著書でも書かれていましたが、このうち最後のアウトプットトレーニング法については、すでに私はいくらか実践できているのではと思います。
(このブログを書く行為こそがアウトプットです。)
私が一番実践できていないのは、7時間以上の睡眠ですね。

言うまでもなく、このアウトプットは資格試験の勉強にも思いっきり当てはまるでしょう。
テキストを読みきるより、問題演習で実戦を積む方が合格率が高くなると言えるのではと思います。
『暗記3』『問題集7』ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です