スケジュール帳をGoogleカレンダーに変えてみました。

先月からメモ帳に残していた記録をいくらかスマートフォンに残すよう変えています。
リズムケアというアプリを入れたためです。
今は起床時刻、就寝時刻、体重、1日の歩数、自己啓発記録及び読書記録などをすべてこのアプリで管理しています。
詳細は以下の記事をご覧ください。

最強の記録アプリ『リズムケア』(2018.9.11up)

1か月少しこのアプリを続けましたが、非常に扱いやすいです。
ノートに書いていたときは、記録するのを忘れることもありましたが、リズムケアは書き忘れることなく、すぐに入力することができています。
個人的にノートを読み返すよりもスマートフォンを見ることの方が多いので、過去の記録を見直すという意味でもリズムケアを使ってよかったと思います。
グラフの一覧を見ることができるので、すぐに過去の記録を見直すことができるというのが素晴らしいです。

スマートフォンに記録していく便利さを痛感したところで、スケジュール帳もアプリに変えてみることにしました。
これまではA5ルーズリーフに1ページ1週間のスケジュール帳を作って使ってきましたが、あまり活用できていないのが実情でした。
仕事の予定については職場の共用のスケジュールボードで管理しており、これだけで間に合うことが多かったです。
スケジュール帳がなくても何とかなる状態でしたので、思い切って環境を変えてみることを決意しました。
このアプリに入力しています。

Googleカレンダー

定番のアプリではないかと思います。
デフォルトで入ってるアプリです。
初めて使ってみましたが、入力するのに時間がかかると思っていましたが、手書きよりも意外と入力しやすい印象です。
表示については、1日表示や月表示など、随時変更することが可能です。
スマートフォンだけでなくPCから見れるのも便利な点です。

定番のアプリではありますが、非常に使いやすいです。
リズムケアと同様、スマートフォンの記録に変えてから読み返すことが多くなりました。
今後の予定や今までの記録を読み返すことで見えてくることがあるかもしれません。

しばらくアプリでスケジュールを書いていこうと思います。
これで手書きで残すのはToDoリストや日々の仕事の記録のみです。
こちらは今の手書きのスタイルが気に入っていますが、こちらもどうするか考えていきたいと思います。

3連休中の勉強成果

今日までの3日間、秋分の日を含め、世間は3連休でした。
この3連休で電験や技術士第一次試験の勉強が大いに進んだ方もいるのではと思います。

私ですが、この3連休、全く勉強できていません。
平日できなかった家事や子どもの相手で3日間が終了しました。
これは予想通りの展開です。
ここ数年、休日はいつもこのような感じです。

今の状況を打開するには、この習慣も変革する必要があると思います。
まずは休日の遅めの起床を早めるところからでしょうか。
また、休日に30分でも本を読む習慣を身に付けていきたいと思います。
できることから少しずつ変えていきたいと思います。

最強の記録アプリ『リズムケア』

私はこの数年、以下の毎日のデータをノートに記録しています。

・起床時刻
・就寝時刻
・体重
・1日の歩数
・自己啓発記録及び読書記録

自分の勉強記録をつけていくのが最初の目的でした。
その後、健康に大きな要素である体重などの記録も残すようになりました。

現状としては、記録をノートに残すのみで、フィードバックができていない状況です。
また、この記録を残すノートは普段はかばんの中にあって、思い立ったときにすぐに記録を残せない状況であり、ノートを広げることが少々煩わしいとも感じていました。

そこで、この状況を打開するべく、次のアプリをインストールしました。

超じぶん管理「リズムケア」

いろいろな記録アプリを探しました。
タニタのヘルスプラネット、スタディプラスなども考えましたが、リズムケア一つに絞ることにしました。

リズムケアは体重や睡眠時間など、あらゆる記録が可能なアプリです。
最初にアプリに用意された項目だけでなく、自分独自の項目を作成することができるのが大きな特徴です。
もちろん、記録したデータをグラフとして見ることもできます。
ネットとの同期はできませんが、データをCSV形式で保存することが可能で、PCとの連携も可能です。

リズムケアを始めて約2週間になりますが、今のところ快適に入力できています。
すぐに記録ができる点、何でも記録できる点が素晴らしいです。
参考まで、私がリズムケアで記録しているのは以下の項目になります。

これまでの項目に加え、朝の気分、腹筋と腕立て伏せの回数、ジョギングの距離、爪切りのチェックボックスを追加しました。
朝の気分と睡眠時間を照らし合わせ、ベストの睡眠を探っていきたいと思います。
記録がしやすくて楽しくなるので、自分の課題の数字など、今後増やしていきたいと思います。

次はToDoリストやスケジュールをアプリで入力していくかを改めて考えたいと思います。
書くこと自体が意味のある記録、アプリなどで集計できると活用しやすい記録など様々な形態があるかと思いますが、もっとも効果のある方法が何かを考えて検討したいと思います。

電験特需によりブログPV数が大幅アップ!

この30日間の私のブログPV数です。

この数日、明らかに高すぎる数値を示しています。
理由は明らかでしょう、電験の影響だと思います。
電験特需が到来しています。

電験が終わり、従来通りの数字に戻りつつあります。
この特需の間に、私のブログの読者が増えていればうれしいのですが。
新しく来られた方が私のこれまでの電験受験履歴など、参考になると思われる部分をご活用いただければと思います。

ちなみに電験後のインターネット上の流れ(主に2ちゃんねるの流れですが)としては、三種はボーダー談義、二種と一種は二次対策の話題にシフトしています。
ボーダーについては何とも言えませんが、二種の二次対策については、思い出したらどんどん書いていきたいと思います。

日経ビジネスアソシエが2018年9月号をもって休刊

先日、Yahoo!のトップページにあったニュース、ちょっと驚きのニュースがありました。

日経ビジネスアソシエ、休刊を発表 16年の歴史(2018.8.10 HUFFPOST)

私もよく読んでいる日経ビジネスアソシエ、2018年9月号をもって休刊するとのことです。
昨年10月号のリニューアルからなんとなく予想された流れではあったのかもしれませんが、個人的には残念です。

個人的にはリニューアル前の方が好きでした。
リニューアル後は大衆化してしまい、かえってターゲットを失ったところがあったのではないでしょうか。
少々マニアックでも、ポリシーを変えず続けてほしかったというのが私の本音です。

昨日は日経ビジネスアソシエの8月号を図書館で借りてきたところです。
休刊する9月号まで、読み切りたいと思います。