ツイッターのフォロワーが500人を超えました!

ツイッターを始めて1年少し。私のツイッターのフォロワーが500人を超えました。
フォローいただきありがとうございます。

私のツイッターはブログの更新時にアップするようにしています。
いわばブログのサブ的な使い方になっています。
ツイッターのおかげで、ブログのアクセス数が増えた部分はあるでしょう。
参考まで、私のブログを訪れる方の約4割はツイッターからの訪問者です。

今年1月にブログをアメブロから引っ越した時は、ツイッターのおかげで引っ越しのことを告知でき、引っ越ししやすかったと思っています。
まだまだツイッターの有効な活用までは至っていないかもしれませんが、ブログと同じく、こちらも成長させていきたいと思います。

技術士登録証の保管方法

昨日に引き続き、免状の保管について書きます。
今回は技術士登録証の保管について書きます。

A4サイズの免状が多い中、技術士登録証はB4サイズとなっています。
私は以下のように、プラスチックケースとキャリングケースにしまっています。
どちらもダイソーで買ったものです。

正直、何かと不便なサイズではあります。
写しが必要なときは、縮小してA4サイズで出しています。

ちなみに技術士登録証のみ、部屋に飾っています。
これまたダイソーの額縁になります。
飾っているのはA4サイズに縮小コピーしたものです。

電験の免状やエネ管の免状は、飾ろうとまでは考えなかったのですが、技術士はやはり重みが違うと考え飾っています。
自己満足にすぎないのですが、少しでも元気が出ると思い飾ってますね。

一生ものの免状はこうやって保管する!

先日ブログで免状の紛失について書きましたが、参考まで私の免状の保管方法を書きます。

免状はどれも原則としては永久に有効なものです。
私の体の一部となるものとして、大切に保管しています。
(その割には、消防設備士の免状を一時なくしてしまいましたが。。。)
この保管方法について書きたいと思います。

●紙の免状の保管

免状はこのパターンが一番多いかと思います。
昔であればB5サイズが多かったかもしれませんが、今はA4サイズが主流です。
電験、エネ管、ビル管など、全てA4サイズですね。
私は免状1枚につき、ダイソーで買ったプラスチックカバーに入れています。
このような状態になります。

第二種電気主任技術者免状

技術士だけはB4サイズであり、特大サイズになってしまいましたが。。。
そして、このプラスチックカバーを束ねて、ダイソーのキャリングケースにしまっています。
このような状態になります。

ダイソーキャリングケース

●名刺サイズの免状の保管

消防設備士やボイラー技士の免状がこのサイズです。
運転免許証のように携帯しやすいのがこのサイズのいいところでしょうか。
実際、電気工事士や消防設備士は携帯が義務付けられています。
これらはまとめてダイソーの名刺ケースにしまっています。

ダイソー名刺ケース

名刺ケースは紙の免状と同じく、ダイソーのキャリングケースにしまっています。

ちなみに免状は全てスキャンを取っていて、また、写しを1冊のファイルに綴じています。
このファイルは私の職場の机の上に立ててあります。
くじけたときにこのファイルを見て元気を取り戻そうと思って置いています。
実際に見ることはほとんどありませんが、置いているだけで自分が強くなれるおまじないみたいなものですね。

今日は東京出張でした。

今日は東京出張でした。
目的は業務関連の連絡会。
有意義な一日となりました。

今の職場に来てからは、東京出張が年数度あり、さすがの私でも霞ヶ関周辺の地理はある程度わかるようになりました。
それでも東京の地下鉄は複雑で未だに覚えられません。
霞ヶ関駅の構造も複雑で、最近ようやく3路線の位置関係がわかったところです。

今日は行きと帰りの移動時間で本を一冊読了。
そこそこ量がある本でも結構すぐ読めてしまいます。
読書に一番集中できる時間ですね。

WAONを使い始めました。

今さらになるかもしれませんが、イオンのWAONを購入しました。

きっかけはイオンのアプリをインストールしたことからです。
クーポンを使うためには個人情報の登録が必要ですが、連動させるWAONやカードを持っていなかったことがきっかけでした。

元々電子マネーはあまり使わない方でした。
今の職場の近くにセブンイレブンが多いので、nanacoを2年前に購入したところ、そこから使うようになりました。

nanacoとWAONがあれば大体の店で電子マネーだけで買い物ができます。
WAONはイオンのみで使うものと勝手に思い込んでいたのですが、結構いろんな店で使うことができます。
ローソンとファミリーマートで使えるというのが大きいですね。
あまり小銭を増やしたくない私としては、かなり煩わしさを軽減できる手段です。
なぜ今まで使わなかったのかと思っているくらいです。

確か過去の技術士第二次試験のテーマで、FeliCaを扱った問題があったように思います。
平成31年度以降は、共通科目の論文が復活するので、身近なテーマからの出題には要注意かもしれません。