北海道胆振東部地震によりブラックアウト発生

朝から報道されていますが、早朝、北海道胆東部振地方を震源とする地震がありました。
厚真町で震度7を記録するという非常に大きな地震でした。
今回の地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

今回の地震、電気技術者として注目すべきは、北海道電力の系統全てが停電したことです。
今回の地震で苫東厚真火力発電所が停止したことにより、需給バランスが大きく崩れ、他の発電所が解列し、ブラックアウトに至ったということです。
以下の記事で詳しく紹介されていますので、参考までご覧ください。

【電子版】北海道地震/初のブラックアウト、需給バランス崩壊 道内発電所が連鎖停止(2018.9.6 日刊工業新聞)

このような状況は電験で勉強したとおりの内容ではありますが、『最悪の場合ありうる』という状況が起こってしまいました。
不安定な太陽光発電や風力発電の拡大により起こるかもしれないと言われていたブラックアウトですが、災害により引き起こされてしまった形です。
私が知る限り、日本では初の事象です。

こういうことがあると、もっと自身の技術や知識を高め、周りの役に立ちたいという想いが強くなります。
そのためにも電気の勉強をもっと頑張っていきたいと思います。
(電験はまた来年の挑戦となってしまいますが。)

ちなみに、周波数変動の問題は平成28年度電験一種二次試験の電力・管理で出題されています。
この周波数変動が現実に起こるとは夢にも思っていませんでした。
今回起こったブラックアウト、いずれは詳細がわかると思いますが、しっかり勉強して今後の知識として持っておきたいと思います。

電験当日における電気書院からの配布物

先日の電験一種一次試験で、あるものをいただきました。
電気書院の合格消しゴムです。

電気書院はほぼ毎回何かを配布しているように思います。
過去には最終公式チェック表や工事と受験のサンプルをもらったことがあります。
(工事と受験は休刊になりましたが。)

今回の配布物のメインはこちらですね。

今回の配布物に書かれている電気計算9月号ですが、特徴は解説と講評が詳細に書かれているところです。
出版までほとんど時間がない中での執筆だと思いますが、毎年中身のレベルの高さに驚かされます。
ちなみに、解説があるのは二種と三種だけです。
一種はあまり需要がないからか、次の号になります。

ただ、今年はTACが当日の夜に詳細な講評をインターネット上に掲載しました。
解説の早さは電気書院の得意とするところですが、ここにTACが割って入ってきたということになるでしょうか。
TACの電験参入はやはり影響がいろいろと大きそうですね。
1年後の今ごろは、電験業界の勢力図が大きく変わっているかもしれません。

平成30年度電験一種一次試験自己採点

本日、電気技術者試験センターより、先日の電気主任技術者試験の解答が公表されました。
私は電験一種一次試験の理論と電力を受けましたが、早速自己採点をしてみました。
以下のような結果になりました。

【理論】56/80
【電力】43/80

理論は合格、電力は不合格となりそうです。
電力は何となくは理解しているつもりでしたが、正確な知識が身に付いていないのが露呈された形となりました。
もっとも電気技術者らしい知識が求められる電力科目でこの成績ですので、まだまだ電気技術者として未熟ということでしょう。
自分では得意科目だと考えていた電力科目ですが、想定以上に苦労しています。

来年度電力のみ再挑戦となりそうですが、いいように解釈すると、これはある意味望ましい形かもしれません。
(ベストは4科目一発合格でしょうが。。。)
来年は9月までは電力と二次試験を並行して勉強し、9月からは二次試験に集中させます。
電力の内容は二次試験(特に論述問題)と被る部分が多いので、連動して勉強できるのではと思います。

悔いはありますが、最悪の結果を免れただけでも良かったということにします。
次は11月11日(日)の行政書士試験。
あと2か月必死で頑張ります。

電験一種一次試験受けてきました。

本日、電験一種・二種一次試験を受験されたみなさま、お疲れさまでした。

私は電験一種一次試験を受験しました。
今回は私は理論と電力の2科目受験です。
平成26年度から電験一種を受け始め、通算で5度目の挑戦になります。

電験は一種から三種でもう10回以上受けていますが、理論科目の受験は過去にあまりありません。
(早めに科目合格することが多かったためです。)
今回のように午前だけで試験が終わるのは初めてになります。

それでは、各科目の感想を書いてみたいと思います。

●理論科目

受験者はかなり多めでした。
今回はB問題から解くという作戦で臨みました。
一種の場合、B問題の1問当たりの配点はA問題の2倍になります。
今までやらなかったのが不思議なくらい、当然やるなければならない作戦でした。

今年度の問題もやはり時間は足りませんでしたが、昨年度の問題と比べると、素直な問題が多かったように思います。
無理矢理にでも全ての解答を埋めることはできました。
A問題よりB問題の方が簡単だったかも。
わからない問題は、問題の最後から逆に読んでいき答えを推測するというインチキ手法で埋めました。

●電力科目

理論の受験者がほとんど退室し、わずかの方が残っての受験となりました。
私の部屋は科目合格者の部屋だったと思いますが、ほとんどの方が電力はすでに合格しているということでしょう。
昨年度の電力の合格率が高かった影響がそのまま出ていました。

今回の問題は昨年度と同様、取り組みやすい方だったのではと思います。
問3の四端子回路の問題は初めてのパターンで非常に戸惑いましたが。
理論と違って、こちらは時間がかなり余りました。

以上が私の感想です。
某掲示板の書き込みを読む限り、今年はやはり易しかったようです。
ちなみに、電卓の出番はありませんでした。

今日の電験一種・二種に引き続き、明日は電験三種ですね。
受験されるみなさま、頑張ってください!

明日はいよいよ電験一種一次試験

いよいよ明日は電験一種一次試験です。
受験票に写真を貼り、電卓も用意し、準備だけは一応完了です。

今回は理論と電力の受験になりますが、やはり理論が不安ですね。
正直、一種の理論は難しいです。
今回勉強していて、全く手の出ない問題がいくつもありました。

毎回、理論では答えが全くわからなかったらディメンションだけでも計算します。
これだけでも解答が絞れることはあります。
マークシートだからこそできるテクニックですね。

不安は多々ありますが、明日は頑張ります。
明日電験一種一次試験または二種一次試験を受験されるみなさま、お互い頑張りましょう!