電気技術者試験センターの災害等対応

先週のことになりますが、電気技術者試験センターが実施する電気主任技術者試験と第二種電気工事士試験の災害等への対応について、プレス発表がありました。

●平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用地域に居住する平成30年度電気主任技術者試験受験者の方へ(2018.8.8)
●平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用地域に居住する平成30年度第二種電気工事士上期技能試験を受験できなかった方に対する代替措置について(2018.8.8)
●JR中央本線人身事故により平成30年度第二種電気工事士上期技能試験を受験できなかった方に対する代替措置について(2018.8.8)

正直、被災された方にとっては、資格試験どころではないかもしれませんが、少しでも措置があることはいいことだと思います。
電気技術者試験センターの業務は増えることになるでしょうが、このような対応は続けていただきたいと思います。
電車の遅延でもこのような措置があるのはありがたいことですね。
中京圏で中央線の代替となる交通を探すのは難しいということなのでしょう。

内容としては、いずれも振替措置や科目合格の有効期間延長などになります。
参考まで、過去には2004年の新潟県中越地震のとき、電験一種及び二種二次試験を再度行ったことがありました。
これは電気技術者試験センターにとっては相当な労力だったことと思います。

少しでも受験者に対して平等な環境をつくっていただいている運営者には感謝の一言に尽きます。

TACのサイトに電験三種講座について掲載されています。

昨日紹介しましたTACの電験三種講座、TACのホームページにも掲載されていました。

電験三種|資格の学校TAC[タック]

コースの内容、料金など、ほぼ全容が掲載されています。
気になっていた講師ですが、理論と電力は酒井秀俊さん、機械と法規は久保田廣美さんが担当されるようです。
初めてお目にかかる方ですが、どのような講義をされるのか、非常に気になるところですね。
また、テキストはやはりTACの分冊本を使用するようです。

どんな講座なのか、一通り目を通しましたが、それなりの費用はかかります。
私はこのような講座を継続して受けたことがないので、何ともコメントしがたいですが、これでも合格を勝ち取れるのであれば大いに価値のある講座になるでしょう。

いずれにせよ、電験三種の勉強手段として、選択肢が一つ増えたということです。
電験業界がどのように変化していくか注目していきたいと思います。

TACが電験三種講座を開講するようです。

Googleアラートのニュースを読んでいたら衝撃のニュースを発見しました。

TACは電験三種講座を開講(2018.8.5 財経新聞)

大手予備校から初の電験三種参入です。
電験三種の講座というと、坂林先生のセミナーや不動先生の講座(e-DEN)が有名です。
大手ではユーキャンがあるとはいえ、講座形式のものはTACが初めてでしょう。
大手予備校が得意としてきたのは、司法試験や中小企業診断士などの文系資格であり、理系資格というとせいぜい情報処理試験くらいでしたが、本格的な理系資格に参入するのが初めてではないかと思います。
開講は今年10月とのことで、2019年度の試験を狙ったものとなりそうです。

TACといえば、今年初めに電験三種の本を出版したところです。
出版したときから講座を開講することも当然予定していたのでしょう。
どのような講師が担当するのか、また今年出た参考書は誰が執筆したのか、どちらも非常に気になるところです。

ちなみに、TACの参考書とは、以下の5冊になります。
本屋で読む限り、色や図を存分に使い、非常にわかりやすい構成となっています。
5冊読むと相当な分量になりますが、もし読み切ることができれば大きな力になることと思います。
(さすがに今年の試験向けにあと1か月で読破するのは厳しいですが。。。)

上記の本を講座でも使用するのかもしれません。
講座で使用しなかったとしても、同種の内容になるのではないかと思います。
今までどちらかというとガラパゴス状態だった電験業界が大きく変わる可能性があります。
今後の動向に注目です。

1か月間で電験三種に合格する!

電験一種・二種一次試験及び電験三種まで、あと1か月を切りました。

長らくこの目標に走ってこられた方は、すでに4科目分冊本の演習や過去問演習などを終え、追い込みの段階に入っているのではと思います。
ですが、実際のところはこのように十分な準備をして臨まれる方というのは多くはないのではと思います。
仕事が忙しかったり、プライベートでもっと他にやることがあったりと。。。
今日はこのように十分な準備ができていない方のために、1か月で電験三種を合格点に持っていく方法を書いてみます。

私の紹介する方法というのは、内容の理解よりもとにかく点数を稼ぎ、合格を目指す方法です。
簡単にまとめると以下のようになります。

・あと1か月間、過去問の演習に集中する。
・計算問題と正誤問題では、正誤問題優先で勉強。
・解説を読んでも理解できない問題はどんどん飛ばして、理解できる問題から解く。理解できない問題は解答を丸暗記する。

実戦で1つでも多くの解法を覚えていくというやり方です。
電気の本質の理解とは少し路線が異なるかもしれませんが、合格の確率を上げるための方法になるかと思います。
過去問演習書として、以下の本がおすすめです。

電験三種精選問題
不動 弘幸
オーム社
電験三種365問の完全攻略
不動 弘幸
オーム社
電験三種の強化書
不動 弘幸
オーム社

全て不動弘幸先生の著書です。
不動先生の著書のいいところは、ポイントが簡潔かつ分かりやすく書かれている点です。
簡潔に書かれているので、何を覚えればいいのかがすぐにわかりやすいのです。
時間が限られているときほど、不動先生の著書は威力を発揮すると思います。
これらのどれかを1冊マスターするつもりで取り組むと、大きく合格に近づくかと思います。

電験三種は難しい試験ではありますが、全てマークシートです。
ある程度問題に慣れると、5択のマークシートをある程度絞れるということもあります。
今からでも勉強すれば、合格の可能性を高めることは十分可能ということです。
最後まであきらめず頑張ってください!

電験三種突破研究会はぜひ参加するべき!

電験三種合格を目指す方におすすめの講習会があります。

2018年電験三種突破研究会

これはオーム社が毎年実施しているものです。
各科目ごとに講師が合格のポイントを教えてくれるというものです。
今年はすでに大阪の研究会が終わり、東京では6月9日(土)に開催されます。
参加費は無料になります。

個人的にはかなりおすすめの研究会です。
時間がある程度限られているので、あまり深入りはしませんが、それでも生の講義を聴けるというのは非常に大きな価値があります。
知識を得るというよりは、合格のためにどんな勉強をしていけばいいかの方向性がわかるかと思います。

参考まで、研究会で使用するテキストは新電気2018年5月号の付録になります。

東京近辺にお住まいで6月9日(土)が空いている方、ぜひとも参加をお勧めします。