第二種冷凍機械責任者試験合格体験記

以前書いた合格体験記の転記です。
第二種冷凍機械責任者試験の合格体験記になります。
私の専門外の内容でしたが、幸運にも1回目の受験で合格することができました。

■合格年度

平成22年度

■受験回数

1回

■自己採点結果

法令 18/20
保安管理技術 8/10
学識 8/10

■使用した参考書

(1) わかりやすい第2種冷凍機械責任者試験(弘文社)

(2) 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集(電気書院)

(3) 冷凍機械責任者(1・2・3冷)問題と解答例(日本冷凍空調学会)

■体験記

まずは(1)を読破しました。
この参考書は試験と関係のない記述が多いのですが、それも実務には何らかの役に立つはずですので、勉強して無駄ではないと思います。
冷凍機械責任者の理解に必要な内容は十分書かれているかと思います。
ただ、練習問題については実際の試験の傾向と大きく異なるので無理して解く必要はないと思います。

問題演習では過去問をできる限り多く解き、そして理解することかと思います。
(2)は5年分の過去問が掲載されていて、それぞれの問題の解説が非常に詳しく書かれています。
これを理解できれば十分合格ラインに到達できると思うのですが、解説が詳しすぎて人によっては読みにくいと感じるかもしれません。
個人的に5年分では足りないと感じたので、職場に置いてあった(3)を使って計10年分勉強しました。
(3)は(2)に比較して、解説が極めてシンプルに書かれています。
これでも私は問題の意図等は理解できたので十分かもしれません。
使用しやすい方を使用すればいいかと思います。

これだけ過去問を解くとこの試験では類似問題が多数出題されているのがよくわかります。
学識の計算問題は一見難しく感じますが、二種の場合は過去に出題された問題は数えるほどのパターンしかないので、それぞれ理解できれば確実に解けると思います。

この試験は設問の選択肢に少し特徴があります。
どのようなものかというと、一般的には『間違いの選択肢を答えよ』という問いが多いと思うのですが、冷凍機械責任者試験では『間違った組み合わせを答えよ』という問いが多いです。
私が解いていてよくあったのは、『イ、ロ』と『イ、ロ、ハ』で迷うというもの。
それぞれの内容全てがわかっていないと正解に到達できないことが多いです。
私は結果として全科目8割以上で合格できましたが、法令以外は最後まで自信は持てませんでした。
細かいところまで理解する必要がありますが、それでもいくらかパターン化されているので十分対応は可能かと思います。

■資格の効力について

この試験に合格すると冷凍機械責任者の免状を取得でき、冷凍機械責任者への選任が可能となります。
ただ、近年この免状が必要な冷凍機はどんどん減っており、特に一種免状が必要な冷凍機はほとんどないということです。
それでも、この資格があれば空調に関する知識があるということで、施設管理の方や冷凍機メーカーの方は持っている方が多いです。
免状をそのまま使用することは少ないかもしれませんが、評価は以前と変わらないものであると思います。