職業訓練指導員(電気科)試験合格体験記

昨日のFP3級技能検定の記事の中で職業能力開発促進法のことを書きましたが、同じく関係資格ということで、職業訓練指導員について書きます。
職業訓練指導員(電気科)試験の合格体験記です。

この資格は職業能力開発総合大学校を修了することで取得するのが、おそらくもっともスタンダードな方法でした。
(現在は学生の募集は停止されています。)
私は職業訓練指導員試験によって職業訓練指導員免許を取得しました。
合格体験記を書くものの、特別な対策というのは実はほとんどやっていません。
職業訓練指導員試験自体があまりメジャーな試験ではないと思いますので、その紹介と合わせて書いていきたいと思います。

■合格年度

平成21年度(実技試験)
平成22年度(学科試験)

■受験回数

1回

■試験結果

実技試験 68/100(平成21年度合格)
学科試験(指導方法のみ) 85/100(平成22年度合格)

■使用した参考書

(1) 技能検定(電気製図)過去問
(2) 職業訓練における指導の理論と実際(職業訓練教材研究会)

■体験記

【実技試験】
勉強に使用したのは(1)のみです。
電気工事士、電験、エネ管などとは全く内容が異なり、実務に関連する問題が多かったです。
本番の試験は受験者は非常に少なかったです。
実際の試験では(1)の内容とも少し異なり、電気設備の図面を描く問題でした。
初めて見る内容に戸惑いましたが、よく読むと今までの知識で解ける問題だったので何とか解くことができました。
結果として、68点で合格できました。
点数は情報開示して知りましたが、なぜこのような点数なのか理由はよくわかりません。
(合格点が何点以上なのかも教えてくれませんでしたが、おそらく60点以上が合格のではないかと思われます。)
とにかく合格できたので安心しました。

【学科試験(指導方法)】
勉強に使用した参考書は(2)のみです。
おそらく職業訓練指導員試験の指導方法分野における唯一の参考書です。
この本を一通り読み流して別冊の問題集を解きました。
別冊の問題集は○×で解答する形式ですが、本番は5択の形式でした。
試験内容としては一般知識でも解ける問題が多いですが、職業能力開発関係の法令を知らないと解けない問題も何問かあります。
指導方法科目の対策としてはこの本を読む以外ないと思います。
試験自体は難しいものではなく、20問中17問の正解で合格できました。

■職業訓練指導員試験について

【実施機関】
都道府県が試験実施機関となり開催されます。
都道府県によって試験日や問題内容は異なりますし、また職種によっては行われない試験もあります。
(というか、ほとんどの職種の学科試験は行われません。)
ただ、学科試験のうち指導方法の試験は全ての都道府県で行われているようです。
各都道府県の職業能力開発担当の部署のホームページをこまめにチェックして情報を入手する方がいいでしょう。

【職業訓練指導員免許を取得すると何ができるか?】
職業能力開発校において職業訓練指導員になることができます。
ただし、職業能力開発校(ポリテクセンター、都道府県立の職業能力開発校など)に採用されないと免許を使うことはまずないでしょう。
通常は採用時に対象訓練科の職業訓練指導員免許を持っていることが必須条件になっています。

【受験資格等について】
職業訓練指導員免許の職種は123種もあり、職種によって必要な実務経験や資格などの要件が大きく異なります。
私が取得した電気科の場合は電気主任技術者1,2種またはエネルギー管理士の資格があれば受験資格があり、また学科試験を免除することができました。
試験の内容以上に実務経験などのハードルの方が高いかもしれません。

ざっと説明しますとこのような内容の試験になります。
受験資格さえあれば、試験そのものはそんなに難しくないと思います。

FP3級技能検定合格証書到着

FP3級技能検定の合格証書が届きました。

想像以上に立派な合格証書です。
見た目だけなら電験の免状より立派かも。。。
そんなに難しくない試験ですが、どんな試験でも合格証書は嬉しいものです。

ちなみにこの資格は厚生労働省管轄の技能検定の1つになります。
職業能力開発促進法の資格では他に職業訓練指導員免許があり、こちらは私は電気科の免許を持っています。
同じ法律の免許でも、片方は電気系、もう片方は金融系というような取り方をしているのは珍しいのではと思います。

自分の専門以外の資格があるのは自信になります。
業務や生活の中で活用していきたいですね。